卓球とサーブの関係
モバイル
ダブルス

HOMEに戻る
Softbank HOMEへ戻る
基礎編へ戻る
応用編へ戻る
なんでも掲示板


ダブルスは、2人で交互に打つので、シングルスとは、戦術が異なります。

ここでは、ダブルスのサーブ・レシーブ時の戦術について、説明したいと思います。

サーブは台の右半分から相手コートの左半分へ出すことが決まっているので、コースによる揺さぶりの効果は薄くなります。

その分、回転、前後の揺さぶりが必要になってきます。

長いサーブは、高い確率でドライブなどで攻撃されるので、相当ラリーに自信でもない限り、短いサーブ中心になります。

その際は、下回転系が多くなると思いますが、まぁそんなモンです。

問題はその後です。

相手もツッツキや、ストップで返してくることがほとんどなので、そこから攻めることになります。

ツッツキには、ドライブや、ツッツキ返しですが、相手がクロスに返してきたら迷わず、ドライブにいきましょう。

これをツッツキで返しているようでは、相手に攻められ、先手をとられてしまいます。

バック側にツッツキされた場合は、なるべく、回り込みドライブで攻めましょう。

多少無理をしても回り込みましょう。
ダブルスでは、次にパートナーが打ってくれるので、戻りが少しくらい遅くなってもカバーできます。

また、ツッツキで返してもいいですが、その場合は、台の深いところへ、少し強い回転をかけましょう。

浅いところへ、ツッツキで返すだけでは、強打される確率が高いです。

サーブですが、たまには、長いサーブを使ってみるのも有効です。

その時は、メリハリをつけ、台の中央線ぎりぎりのところを狙ってみたり、奥ぎりぎりのところを狙ってみたり、猛烈な下回転のかけた球を打ってみたりすると、より効果的です。

ラリー戦になったら、基本的には、クロスでヤマをはって対応しましょう。

ストレートにボールがきたら、素早く反応して下さい。

ただ、ストレートにいいボールが来た時は、抜かれても仕方なし、としましょう。

HOMEに戻る
Softbank HOMEへ戻る
基礎編へ戻る
応用編へ戻る
なんでも掲示板

Copyright (C)
卓球とサーブの関係
All Rights Reserved
AX