卓球とサーブの関係
モバイル
多球練習

HOMEに戻る
Softbank HOMEへ戻る
基礎編へ戻る
応用編へ戻る
なんでも掲示板


★多球練習とは

多球練習用マシンから来るボールを打つ練習法です。

または、相手にボールを手出ししてもらい、打つ方法です。

マシンは、コース、ボールの回転、速さを調節することが可狽ナす。

なので、「繰り返し同じ練習をしたい」という場合に大変有効です。

例えば、「ツッツキに対する回り込みドライブが安定しないからマシンにツッツキを打ってもらって、ドライブ練習するか!」

などをする時に重宝すると思います。

ですが、相手が機械と言う性質上、決められた回転、コース、速さでしか来ないので、あまり長い時間やっていても、効果は少ないと思います。

 それに対し、人に頼んでボールを出してもらう方法は、反復練習よりも細かい指定をする時に役に立ちます。

多球練習は、自分のミスをしやすい所を練習するのが、良い活用法です。

★練習方法の例

ダブルスでも下記のような練習方法がいいでしょう。

▲マシンの場合

・バック側ツッツキによるドライブ練習(相手のコースも狙いましょう)

・フォア側ツッツキによる飛びつき練習(間隔は長めに設定しましょう。)

・ドライブによるブロック練習

・バック側ツッツキによるツッツキ練習(相手のコースも狙いましょう)

▲手出しの場合

・4球目攻撃を意識した練習

1.バック側にツッツキ→ドライブ。

2.フォア側に軽い球→スマッシュ、またはドライブ。

3.バック側に軽い球→バックハンドスマッシュ。

・バック側にツッツキ→ドライブ。

・ドライブをランダムに打ってもらい、ブロック。

・軽い球をランダムに打ってもらい、スマッシュ。

・特別弾道の高い球を、出してもらい、スマッシュ。

・前後のフットワーク

1.フォア側に短いツッツキ→払い・ツッツキ・ストップ

2.バック側にドライブ→ブロック。

・左右のフットワーク

バック側、フォア側に軽い球を交互に打ってもらい、フォアハンドドライブ。

・カットマンに対して

ドライブをランダムに打つ→カットかスマッシュ。
たまに短いツッツキを入れる。

●気をつける事

1.棒立ちでやらないようにしてください。

2.なるべくミスしないようにしてください。

3.できれば、台の奥を狙ってください。

気をつけることはたくさんありますが、がんばってください。

HOMEに戻る
Softbank HOMEへ戻る
基礎編へ戻る
応用編へ戻る
なんでも掲示板

Copyright (C)
卓球とサーブの関係
All Rights Reserved
AX