スポンサードリンク
2008/4/14(月)から集計
総ユニーク数:
今日: 昨日:
現在約人が閲覧中です。

卓球〜4球目攻撃〜


★4球目攻撃とは

基本的には、相手のサーブ(1球目)に対して、
レシーブ(2球目)で軽く攻撃し、
返ってきた球(3球目)に対して、強打する(4球目)戦法です。

内容としては、3球目攻撃と同じく、サーブによります。

1.下回転系サーブを払い、または、ツッツキで返し、
  相手の返球(3球目)に対して4球目を攻撃する。

2.相手の上、横回転系サーブを軽く返し、
  相手が返球が甘い場合に、4球目を攻撃する。

大きく分けるとこんな感じです。

 1は、短いサーブに対しては、できるだけ払いに行き、
4球目を攻撃しましょう。

ツッツキでもかまいませんが、
相手もツッツキで返して来る事が多いので、
4球目でドライブによる攻撃で攻めましょう。

ストップで返してもいいですが、相手に攻められないように返し、
次、または、チャンスボールが来た時に攻めましょう。

これでは、「4球目攻撃」ではなくなりますが、
攻撃するのが、難しい球を無理に行くのは、
ミスも出ますし、強い球を打てません。
4球目攻撃とは言え、判断力が必要です。

 2は、相手が3球目攻撃を狙っているか、
ラリー戦に持ち込みたい、奇襲で来ている、
と考えましょう。どれにしろ、相手がすでに攻めに来ています

ここで、甘いコースへ軽く返すようでは、相手の思うツボです。
多少無理にでも強い球、
あるいは厳しいコースを突かないと不利です。

うまく返せれば、相手は、強い攻めができなくなり、
多少甘い返球が期待できますので、4球目攻撃を仕掛けましょう。

 4球目攻撃では、2球目(レシーブ)も重要です。
レシーブ(2球目)に神経を集中しましょう。
反応できないようなら仕方ないので、
ブロック待ちでしっかり構えましょう。

相手のサーブがある程度先読みできれば、うまく攻撃できます。

★使いどころ

相手のサーブに対しての戦法なので、
その場で判断、実行して下さい。

試合で存分に活用してください。

★練習方法

上の文章で説明した番号を使います。

1.下回転系サーブで長いモノ、短いモノをランダムで出してもらい、
  ツッツキ、払い、ドライブ等で軽めに返し、4球目を強打する。
  以後、フリー。

2.上、横回転系サーブをランダムで出してもらい、
  バックハンドドライブ、ショート、払い、ドライブ等で返し、
  4球目を強打する。
  以後、フリー。

●気をつける事

1.棒立ちでやらないようにしてください。

2.なるべくミスしないようにしてください。

3.できれば、台の奥を狙ってください。

気をつけることはたくさんありますが、がんばってください。



スポンサードリンク



HOME

平成24年度(2013年)
全日本卓球選手権


ロンドンオリンピック
組み合わせや動画など


中国式現代卓球講座
の紹介


遊澤亮の驚異の
卓球上達法の紹介


卓球のテレビ番組?

ご意見・ご感想
ご質問・ご要望
問い合わせ等はコチラへ


卓球上達革命の紹介
販売終了しました

連絡掲示板

プロフィール

携帯版サイト

基礎編
ラケット
戦型
フォーム
フォア
ショート
ツッツキ
ストップ
払い
ドライブ・ブロック
バックハンド
スマッシュ
フットワーク
飛びつき
ダブルス

応用編
3球目攻撃
4球目攻撃
多球練習
離れてドライブ
サーブの重要性
レシーブの重要性
サーブ技術
戦術分析
カットマン対策
試合に勝つためには

その他
王様ゲーム
卓球用品の手入れ
卓球オススメグッズ


リンク集

卓球とサーブの関係
携帯版ホームページ

QRコード

URLをメールで送る



Copyright (C) 卓球とサーブの関係 All Rights Reserved