スポンサードリンク
2008/4/14(月)から集計
総ユニーク数:
今日: 昨日:
現在約人が閲覧中です。

卓球〜フォーム〜


★フォームとは

ラケットの振り方のことです。

フォームが安定していないとミスにつながりますので、
しっかりと安定したフォームを覚えましょう。

フォームを覚えるには実際に球を打つより”素振り”が効果的です。

まず、フォアの素振りからです。

足を肩幅より広く開き、左足を少し前にだし、
右足を少し後ろに移動し、前傾姿勢をとります。

この状態でラケットを振るわけですが、
ラケットを振るだけではなく、ひざや腰も使います。

素振りする場所は卓球台の目の前がいいです。
試合ををイメージしながら素振りするのも効果的です。

★練習方法

一日50回(フォア)から始め、慣れてきたら、
一日100回に増やしましょう。

さらにフォームが安定します。

素振りの流れとしては、@タメ A振り B戻り となります。

@タメ まず、”タメ”ですが振る前に右足のひざを曲げ、
     ラケットを後ろに持っていきます。

A振り 次に、”振り”は、体重を前に少し持っていき、
     ひざを少し伸ばし、左足を少し踏み込みながら振ります。
     振る時の目先は相手がいると思い、相手をみてください。

B戻り 振ったラケットをそのままにすると、
     スキができてしまうため、”戻り”という動作が必要です。
     戻りは、ラケットを手元に移動するだけです。簡単ですね。

この3つの手順に従って素振りしてください。

ここではフォアのみの素振りを紹介しましたが、
もちろん素振りはこれだけではありません。
ショート、ドライブ、バックハンド・・・といろいろあります。

ですが、全部やる必要はありません。
自分の戦型にあった素振りだけでいいと思います。



スポンサードリンク



HOME

平成24年度(2013年)
全日本卓球選手権


ロンドンオリンピック
組み合わせや動画など


中国式現代卓球講座
の紹介


遊澤亮の驚異の
卓球上達法の紹介


卓球のテレビ番組?

ご意見・ご感想
ご質問・ご要望
問い合わせ等はコチラへ


卓球上達革命の紹介
販売終了しました

連絡掲示板

プロフィール

携帯版サイト

基礎編
ラケット
戦型
フォーム
フォア
ショート
ツッツキ
ストップ
払い
ドライブ・ブロック
バックハンド
スマッシュ
フットワーク
飛びつき
ダブルス

応用編
3球目攻撃
4球目攻撃
多球練習
離れてドライブ
サーブの重要性
レシーブの重要性
サーブ技術
戦術分析
カットマン対策
試合に勝つためには

その他
王様ゲーム
卓球用品の手入れ
卓球オススメグッズ


リンク集

卓球とサーブの関係
携帯版ホームページ

QRコード

URLをメールで送る



Copyright (C) 卓球とサーブの関係 All Rights Reserved