スポンサードリンク
2008/4/14(月)から集計
総ユニーク数:
今日: 昨日:
現在約人が閲覧中です。

卓球〜ラケット


卓球のラケットの種類は大きく分けて2種類です。

その2つのラケットについてそれぞれの特徴などを説明します。

 ペンは基本的に片面しか使わないので、攻撃力が劣ります。
さらに、バックハンドが難しいですが、サーブは
繰り出しやすいと思います。

それと、細かい動作もしやすく、ペン独特の使用感があります。

私としてペンは“狭く鋭い”というイメージがあります。

 一方でシェークは両面がつかえるので、ペンよりも攻撃的です。
バックハンドもペンより難しくありません。
ですが、サーブは少しやりずらいと思います。

細かい動作というより、大胆さ?を求める人はこちらを
オススメします。

私としてシェークは“広く大きく”というイメージがあります。

「ペンとシェークではペンは片面で、シェークは両面使えるんだから、
シェークのほうが有利なんじゃないの?」

という声を時々、耳にしますが、
どちらのラケットも決定的な違いはなく、
実力は使う人によって様々だと思います。

ペンで世界ランキングの上位にいる人もいますので。
どちらのラケットも実際握ってみて、
自分がいいなと思ったほうを使ってください。

どちらのラケットを選ぶかはあなたの自由です。

あとで
「やっぱりシェークのほうがいいや」
「シェークよりペンのほうが自分にあってる」

など、途中でラケットを変えることも可能なので、気軽な気持ちで
決めちゃってください。

ちなみに私はペンを選びました。



スポンサードリンク



HOME

平成24年度(2013年)
全日本卓球選手権


ロンドンオリンピック
組み合わせや動画など


中国式現代卓球講座
の紹介


遊澤亮の驚異の
卓球上達法の紹介


卓球のテレビ番組?

ご意見・ご感想
ご質問・ご要望
問い合わせ等はコチラへ


卓球上達革命の紹介
販売終了しました

連絡掲示板

プロフィール

携帯版サイト

基礎編
ラケット
戦型
フォーム
フォア
ショート
ツッツキ
ストップ
払い
ドライブ・ブロック
バックハンド
スマッシュ
フットワーク
飛びつき
ダブルス

応用編
3球目攻撃
4球目攻撃
多球練習
離れてドライブ
サーブの重要性
レシーブの重要性
サーブ技術
戦術分析
カットマン対策
試合に勝つためには

その他
王様ゲーム
卓球用品の手入れ
卓球オススメグッズ


リンク集

卓球とサーブの関係
携帯版ホームページ

QRコード

URLをメールで送る



Copyright (C) 卓球とサーブの関係 All Rights Reserved