スポンサードリンク
2008/4/14(月)から集計
総ユニーク数:
今日: 昨日:
現在約人が閲覧中です。

卓球〜ショート〜


★ショートとは

バック側でラケットを振らず、前に押すことです。

ショートの姿勢はフォアハンドと変わらないです。

ショートのフォームは、
基本的にボールを押し返すだけなので、
ラケットの角度調整と戻りくらいです。

できれば、ラケットを押すとき、
左手はぶらりとさせておかないで、少し引いてください。

でも大げさに引く必要はありません。

それと、ショートはバックハンドとは違います。

ナックル系のボールに対しては、ショートで返すのが難しく、
ツッツキやドライブで返すのがいいかもしれません。

★使いどころ

・上、横系回転のサーブに対してのレシーブの時。

・ショート同士の打ち合いの時。

★練習方法

各コースごとにショートでの打ち合いを練習します。

5分間隔でコースを変更するといいでしょう。

上回転がかかっていない事があるので、
ネットに引っかからないようにしましょう。

●気をつける事

1.棒立ちでやらないようにしてください。

2.また、なるべくミスしないようにしてください。

3.できるだけ台の奥を狙ってください。

4.バウンドした直後に打ってください。


気をつけることはたくさんありますが、がんばってください。



スポンサードリンク



HOME

平成24年度(2013年)
全日本卓球選手権


ロンドンオリンピック
組み合わせや動画など


中国式現代卓球講座
の紹介


遊澤亮の驚異の
卓球上達法の紹介


卓球のテレビ番組?

ご意見・ご感想
ご質問・ご要望
問い合わせ等はコチラへ


卓球上達革命の紹介
販売終了しました

連絡掲示板

プロフィール

携帯版サイト

基礎編
ラケット
戦型
フォーム
フォア
ショート
ツッツキ
ストップ
払い
ドライブ・ブロック
バックハンド
スマッシュ
フットワーク
飛びつき
ダブルス

応用編
3球目攻撃
4球目攻撃
多球練習
離れてドライブ
サーブの重要性
レシーブの重要性
サーブ技術
戦術分析
カットマン対策
試合に勝つためには

その他
王様ゲーム
卓球用品の手入れ
卓球オススメグッズ


リンク集

卓球とサーブの関係
携帯版ホームページ

QRコード

URLをメールで送る



Copyright (C) 卓球とサーブの関係 All Rights Reserved